June 2, 2005

今日はリネット先生の初日でした。
厳しいですが、とても愛情の深い先生です。
Aちゃん(2歳半)は木曜日だけ参加のお友だちで、今日がやはり最初の日でした。
ママとのお別れがつらくてひとしきり泣きましたが、おやつの後からは元気に公園まで歩くことができました。
帰り道ではまたママを思い出して涙、なみだでした。
でもお弁当をもりもり食べたらまたまた元気回復!

今日のめあては「新しい先生に慣れること」でしたが、子どもたちは、抵抗なく、すんなりと受け入れることができた様子です。
ただ、モーニングルーティーンの進め方や、おやつ時間やあそびの中で、今まで許されていたことが許されなくなったりして、子どもたちはあたらしいルールをこれから徐々に学んでいくことでしょう。
[PR]
# by yspreschool | 2005-06-02 20:46 | プリスクール

June 1, 2005

すばらしいお天気に恵まれました。今日はティファニー先生との最後の日。おやつのあと、公園へピクニックに出かけました。とても楽しい時間を過ごすことができましたが、太陽にたくさんあたった子どもたちはずいぶん疲れた様子です。今日はパスタに色をつけてTreasure Boxを作りました。小さくてかわいい、ティファニー先生の心のこもった箱が出来上がりました。子どもたちはようやく先生にも英語生活にも慣れてきたところだったので非常に残念です・・・。

明日からは新しい先生と新しいカリキュラムで再びスタートです!
[PR]
# by yspreschool | 2005-06-01 21:38 | プリスクール

May 31, 2005

今まで毎日この日誌を読んでくださっていた方へ。長いことお休みしていてすみませんでした。

実は外国人講師が交代することになり、この半月あまり少々ドタバタいたしておりました(この件についてはまた別のところでお伝えできるかも知れません)。6月からは新しい先生とともに、この日誌も楽しく充実した内容で毎日お送りしたいな、と思っております。

DくんもYちゃんも先週はずっと体調を崩してお休みでしたが、今日の雨降りに負けないニッコニコのお日さまのお顔で登園です。今日最初の課業は天気にちなんで、Weather Bookの作成でした。それぞれ素敵な本に仕上がっていました。午後、ゲームでGo Fishを頑張りました。Dくんは、一生懸命”Do you have…?”と話そうとしていました。
[PR]
# by yspreschool | 2005-05-31 22:35 | プリスクール

May 13. 2005 "Clash!!"

Dくん、今日は絶好調で、いつもよりバンバン英語が出てきました!まず、”Let’s go!” が言えるようになっているのは先日お伝えしていた通りですが、今日は”Come on. Let’s go!” と二文をつなげて自然に呼びかけることができました。課業中も野菜や色を英語で連発し、せっせとティファニーにアピールしていました。大型ソフトブロックでTowerを作るのが大好きなDくんは、ひとしきり遊び終わると必ずパンチで壊すのですが、ここでも”Clash!!”と叫びながら元気良く壊していました
[PR]
# by yspreschool | 2005-05-13 18:11 | プリスクール

May 10, 2005 "Come inside"

今日の課業はダンボール紙をくりぬいて作る「ネームパズル」。子どもたちは絵の具を使って色とりどりのパズルを制作しました。仕上げに定着液をスプレーするのにティファニーが外へ出ました。DくんもYちゃんも窓からティファニーの様子をながめています。とても風の強い日でしたのでティファニーが苦労している様子を見ると、Yちゃんは、”Come inside, Come inside.”としきりにティファニーを呼んでいました。
[PR]
# by yspreschool | 2005-05-10 18:14 | プリスクール

May 6, 2005  “Let's go”

3日間の連休明けの今日、二人とも元気な顔で登園してきてくれました。このゴールデン・ウィーク中、Dくんには妹が誕生し、ついにお兄さんになりました。お兄さんになったDくんへおめでとう!!今日はMother’s Dayへ向けてポートレートとカード制作の仕上げをしました。ママたち、きっと喜んでくださることでしょう。今日、Dくんの口から初めて”Let’ go!”が飛び出しました。”Let’s go!”なんて非常にありきたりのフレーズなのですが、私が英会話教室で子どもに言わせていた”Let’s go!”とはくらべものにならないくらいの重みを感じました。やはりそれはDくんが誰かに教えられ言わせられたのではなく、自らの言葉で「発した」からなのでしょう。とても嬉しい瞬間でした。
[PR]
# by yspreschool | 2005-05-06 19:20 | プリスクール

flowers May 2, 2005

登園の送迎車の中で、”What did you do last weekend?”と尋ねられたYちゃん。質問の意味をしっかり理解し、”Flower!!”と元気よく答えました。「?」。疑問に思った私が更に”What did you do with flowers?”と尋ねると、「ん~と、ん~と」と一生懸命言葉を探しています。でも見つからなかったらしく、日本語で「あのね、こういうのに(手で植木鉢を作って)つぶつぶを入れたの。Yが毎日お水をあげるとflowerになるの!」と教えてくれました。私が、”Oh, you planted some flower seeds!”とかえしてやると、「うん、そうなの。」とおすまし顔のYちゃんです。
[PR]
# by yspreschool | 2005-05-02 23:24 | プリスクール

平成17年4月27日(水)

すばらしい快晴のもと、今日の二人は英語母語話者と水ふうせんを使って遊びました。目的は色の名前の復習とsimple verbs、コーディネーショントレーニングも兼ねています。スクールに戻ってくると英語母語話者は、ふうせんを庭に置いておくか教室に持って入るかを尋ねました。Dくんは質問の内容は分かりましたが、答え方を知りません。彼は中に持って入りたいと伝えたいのです。でも何も答えないDくんに対して英語母語話者は「庭に置いておくわよ」と声をかけ、庭へ出て行きます。そこでDくんは「ン、ン(uh-huhだったのかも知れません)、No!」と感極まって叫び、裸足のまま庭に飛び出してしまいました。その姿は、まるで言葉をまだうまく使えない1歳くらいの赤ちゃんのようでした。現在のDくんにとってはこの状況は非常にストレスかも知れませんが、3歳の子どもには、いえ、3歳の子どもだからこそ耐えられる負荷のように思います。乳児が母言語を習得していく自然な過程をここに垣間見たような気持ちがしました。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-27 15:16 | プリスクール

平成17年4月26日(火)

彼らの英語イマージョン生活も今週で三週目に突入していますが、二人とも英語母語話者が話すたいがいの指示文と疑問文を理解できているように見えます。あるいは、場の状況や話者の表情などの、ノンバーバルコミュニケーションがそのように見えさせているのかも知れませんが。ともあれ、彼らが英語母語話者を信頼し、なんとかして意思の疎通を図ろうと思い始めているのは確かなようです。Dくんの語彙量は非常に限られているので、例えば”yummy”を使う場面に出会うと”yummy”、”yummy”と連発し、別の場面では”wow”、”wow”を連発し、英語母語話者に一所懸命アピールする姿がみられます。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-26 17:32 | プリスクール

平成17年4月25日(月)

午前中、シャボン玉水溶液を作って、シャボン玉を飛ばすため公園へ出かけました。ランチタイムに「今日は何をしたの?」と日本語で尋ねたところ、Yちゃんは「シャボン玉~!」と日本語でお返事。そのあとしばらくして同じ質問を英語で尋ねると今度は”bubbles!”と返ってきたのでびっくり。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-25 17:10 | プリスクール

平成17年4月20日(水)

今日は雨だったので、室内あそびです。集団遊びがどの程度できるか試すことを考え、tail huntingに挑戦。Yちゃんは何度も何度もcatになっていました。Oくん(ネイティブの2歳児、水曜のみ参加)は最初はやりませんでしたが、遊んでいる姿を見て、一緒に遊ぶことができました。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-20 15:47 | プリスクール

平成17年4月19日(火)

Dくんの口から感嘆語が飛び出しました。”wow!” と”yummy!” の二つです。モーニングルーティーンでも、”I’m here.” がなかなか言えなかったのですが、「ティファニー先生には英語で言わないとDくんがどこにいるのかわからないよ」と話すと、言うことができました。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-19 16:34 | プリスクール

平成17年4月18日(月)

植木鉢の絵付けをしました。色とりどりの素敵な植木鉢が完成しました。筆の感触を確かめながら、ひとふでひとふで集中して作業していました。お弁当持参初日ということもあり、Yちゃんは昼食後とても眠そう。午後はゆったりと過ごして、徐々に慣れさせようと思います。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-18 15:34 | プリスクール

平成17年4月15日

カタカナと英語の違いについて興味を持ったYちゃん。「Orange juiceはどうしてオレンジジュース(カタカナ発音で)じゃだめなの?」とか「コーヒーは英語でなんて言うの?」などの質問がしきりです。今日でtraining weekは終了です。来週からはいよいよお弁当を持って、本格的な園生活の始まりです。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-15 15:05 | プリスクール

平成17年4月14日

Nature Walkのなかで。ご近所をぶらぶらと歩くと、それぞれのお庭にすてきな草花がたくさん咲いています。はじめは「赤」、「青」、「黄」・・・と日本語だったDくんですが、帰り道のころには ”red”, “ blue”, “ yellow”・・・と言えるようになっていました。たしかに「色」はとても取り掛かりのよい語彙ですが、さすが子ども!環境に順応するという意味で、吸収の速さは予想以上です。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-14 15:03 | プリスクール

平成17年4月13日

ごっこ遊びが大好きなYちゃん。自由時間にはコックさんになりきってレストランごっこをしていました。遊びの中で食べ物・飲み物の名前を英語で言うことができました。それ以外にも英語母語話者のあとについて、ほとんどすべての言葉をオウム返しにしています。ちなみに食器や食べ物のおもちゃはLakeshoreのものを使用しています。Tacosなど、日本のおもちゃにはなかなか見られない食べ物も入っているので気に入っています。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-13 16:01 | プリスクール

平成17年4月12日

お母様と離れ難くしばらく泣きじゃくるDくん。その後天気もよかったのでNature Walkを楽しみました。はやく園生活に慣れることができるといいね。4月のテーマは「春」。1ヶ月をかけて壁面の「Our Garden」を完成させていこうと思います。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-12 17:50 | プリスクール
入園式。思えば園児募集を開始してわずか1ヶ月。予想以上のお問い合わせを受け、多くの方が体験入園にお越しくださいました。そして、とってもsweetな3歳の男の子と女の子と私たちスタッフ一同、今日のこの晴れの日を迎えるに至りました。「英語イマージョン」という耳慣れない言葉で、時期はずれの園児募集を行う一軒家のスクールによくぞお越しくださいました。二人の園児さんと保護者様に心より感謝申し上げます。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-11 15:36 | プリスクール
  私は、以前、英会話教室で講師をしていました。主な授業スタイルは、他の英会話教室がそうであるように、週1回60分のコースでした。
  しかし常々、日本では広く知られているこうした英会話ビジネスの方法に疑問をもっていました。
  「果たしてこのやり方で本当に、子供たちに英会話力が身につくのだろうか」と。
  また、「真の国際人としてのアティテュードが備わるのだろうか」と。
  そのようなときに、《イマージョン》という、決して新しくない、でもこれまで日本ではあまり注目を集めてこなかった一つの方法論に出会いました。
  そして、この気の遠くなるような方法に、1992年から地道に取り組んできた
加藤学園 http://bi-lingual.com/School/JapaneseHome.htm の存在を知り、すぐに学校参観をさせていただきました。
  それから更に約5ヶ月が経ち、いまこうして福島県郡山市に英語イマージョンを実践するプリスクールの開校を目前に控えるまでにいたったのです。
  このブログでは、プリスクールの日誌を通して、3才児クラスの成長の軌跡をお伝えできればと考えています。
[PR]
# by yspreschool | 2005-04-08 16:17 | プリスクール