こころもからだもぐん!ぐん!ぐん!----- プレプリスクール February 24, 2006


今日は、めずらしくH.U.くん、お別れで泣いてしまいました。

d0033714_18182092.jpg2才児さんは、まだまだその日の体調や気分で全くちがう様子を見せますから、周囲の大人はゆったり構えて見守らなくてはなりません。

毎回同じようなことを書くようで恐縮ですが、プレプリの2才さんたち、本当に日に日に成長しています。先週できなかったことが今週できる!なんていう感動は、課業や活動ばかりでなく生活面でもしょっちゅうです。

こころもからだも全速力で大きくなっているのですね。

私たちが大切に思っていることの一つに、「全力で学ぶ、全力で遊ぶ」ということがあります。課業に集中して力いっぱい頑張るからこそ、そのあとの遊びも百倍楽しめるのです。勉強ばっかり、遊んでばっかり、両方ともよくありません。メリハリ、けじめが大切だと考えます。

決して厳しくする必要はありませんが、幼いうちからこのメリハリに気付かせるということは重要であると考えます。

プレプリの子どもたちも、次第にクラスルーティーンに気付きつつあります。「あ、ちょっとお家とはちがうな」と、スクールを自覚しはじめていると思います。

「今は何をするとき」ということを何度も知らせます。だからどうしてほしいのか、を伝えます。すると、子どもたちもだんだん分かってきてくれます。「今は snack time だからお席を立って歩いてはいけないんだな」とか、「 snack time が終わったから wash hands だな」というように、少しずつですが生活のきまりや流れを身につけつつあります。

これは来年度以降の学びの根幹を担うものであると思います。

Singing time に、プリスクールの "The Bus Song" を導入してみました。案の定、男の子も女の子もみんな大好き! "The wheels on a bus go round, round, round" のところで一生懸命腕をまわしてタイヤを表現する姿がとってもかわいらしいです。

また、"One elephant went out to play" も大好きです。ゾウさんの長いおはなを表現するみんなのちいさいおててが本当にかわいらしいです。

後半は、クレヨンと絵の具で描画を楽しみました。いろいろな形に切った画用紙に、みんな思い思いの点や線で表現していました。その上から太い筆にたっぷり絵の具を含ませてぬっていきます。K.N.ちゃんは、絵の具がクレヨンを弾じく様子をじっと眺めていました。

最後はいつものように、お迎えにいらしたお母さま方のお膝の上で "Goodbye song" を歌います。みんなの表情が、本当ににこやかでリラックスする瞬間です。

今日で「動物と色」をテーマにした課業は終了です。次週より3回は、「車と色」をテーマに制作活動をしていきます。


ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2006-02-24 18:07 | プレプリスクール