プリスクール日誌から見た子供たちの成長の軌跡


by yspreschool

<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2日目の今日は、Show and Tell(英語科)から始まりました。土曜日のキンダーガーテンサタデースクールでもShow and Tellはしますが、

d0033714_665530.jpgd0033714_673923.jpg






やはり小学生は、伝えたいという意欲やお友だちのスピーチを聞く姿勢など、とても立派です。思うように伝えられないのが歯がゆいようでしたが、みんなそれぞれに一生懸命なスピーチを披露してくれました。

d0033714_693144.jpgd0033714_695069.jpg







午前のメイン活動は理科と工作で、発砲スチロールがマーカーで解ける性質を利用して、年賀状のスタンプ作りをしました。絵は大きく描くようにと伝えたにも関わらず、みんなの絵はとても細かすぎて、凹凸をつけるのが非常に難しく、なかなかはっきりと写らないものもありました。ぜひお家で再度試してもらいたいと思います。

d0033714_6115978.jpg午後は、比較文化(社会科)とクッキングを合わせて、日本、オーストラリア、フィンランドのクリスマスの祝い方について、地球儀や写真を見ながら話し合いをしました。続いてオーストラリアのクリスマス料理ということで、アイスクリームのクリスマスプディング作りをしました。作っている間にもアイスクリームがどんどん融けてきて、終いにはドロドロになってしまいました。お持ち帰りしましたが、みなさんのアイス、大丈夫だったでしょうか。おいしくいただけたか、ちょっと心配しています。

d0033714_613250.jpg午後のもう一つの活動は、算数科でした。テーマは「測量」でした。メジャーを使って、体のあちこちを計ります。グループになって、お友だち同士計り合いました。不思議なのは、親指二回りの長さと手首一回りの長さが等しいこと、手首二回りの長さと首一回りの長さが等しいこと、そして首二回りとウエスト一回りが等しいことです。高学年生は、足し算をして確かめ合いました。なかなかぴったりとはいきませんでしたが、それに近い数字は出ていました。

d0033714_6142680.jpgd0033714_6145235.jpg







d0033714_619557.jpg長いようで短い2日間でした。「もうちょっとやりたかったな~」という声も聞かれました。確かに終わってしまうのは残念なことですが、それだけ楽しんでもらえたということですから、私たちには嬉しい一言でもあります。

春休みのインテンシブコースは、現在のところ予定していませんが、4月からはレギュラーコースが開講になります。下校後2時間半くらいを英語で過ごしていきます。詳しくはホームページよりお問い合わせ下さい。

インテンシブコースももちろん続けて開講して参ります。次回は、夏休みとなります。ちょっと先の話ですが、サマーキャンプも合わせて計画していこうと考えているところですので、みなさんどうぞお楽しみに。

最後になりましたが、2日間という短い間でしたがご参加くださり、本当にありがとうございました。また、この次もみんなと一緒に楽しく英語で勉強をしたいと思います。それまで元気で!またお会いしましょう。

ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2005-12-30 23:30 | イマージョンプログラム

いよいよ小学生対象のイマージョンプログラム、ウィンターインテンシブコースが始まりました。夏のプログラムからおよそ5ヶ月ぶりの開講となります。

前回は1日3時間で4日間のコースでしたが、冬休みは比較的短く、行事も多いことや、参加される生徒さんの都合などから、なんと、無学年制で1日6時間2日間コースという「超」インテンシブプログラムとなりました。

参加者は、1年生2名、2年生2名、3年生3名、4年生3名の計10名の小学生たちです。夏から2度目の参加という生徒さんと、今回初めてという生徒さんが半々くらいです。
d0033714_214623.jpgイマージョンプログラムとは、元来、第二、三言語を習得するための方法論の1つです。当スクールで学ぶ小学生たちは、昼間は普通の日本の小学校に通い、文科省の定める教育課程を学んでいます。ですから、放課後、或いは長期休暇中、当スクールのプログラムに参加するのは、もちろん英語の習得を目的とするからであります。

前回、夏のプログラムでは、3時間を4つに区切って、算数・理科・比較文化(社会)・英語・工作・クッキングなどをそれぞれ独立した「科目」として授業計画を立てました。そのため、1時間が40分という短さになり、生徒さんが味わった楽しさは、例えばジェットコースターに乗ったような楽しさだったのではないか、と反省しました。
そこで、今回のプログラムでは、「何を題材に学ぶか」ということはもちろん大切しつつも、英語の習得のために「その学びがターゲットとするものは何か」をより重視して授業計画を立てました。すなわち、総合学習式に、ある学習テーマに対して複数の異なった科目からアプローチをする、というような授業作りを試みました。

d0033714_2244887.jpgまず、初日の午前は、初めて会うお友だちとのice breakingも兼ねて、英語と理科と工作を合わせた「手作り電話であいさつをしよう」という活動をしました。



d0033714_2251476.jpg6種類の糸電話を作り、ペアを組んであいさつを交わし、名前・年齢・通っている小学校・学年・担任の先生についてなどのQ&Aを互いに練習し合いながら、どの電話が最もよく音を伝えていたかを検討しあう、というものです。


d0033714_2253864.jpgd0033714_2255349.jpg







午後は、算数と理科と工作、そして体育(?簡単なエクササイズ)を合わせて学習しました。テーマは「時間と時刻」。まずは低学年・高学年に分かれて、それぞれ時計の学習をしました。その後低学年は、ポール先生と"What's the time, Mr.Wolf?"で遊び、高学年は、リネット先生と"Time Bingo"を楽しみました。次に、全員でHour Glass(砂時計)作りをしました。


d0033714_229074.jpg砂をこぼしながらも、みんな真剣に繰り返し1 minuteを計っていました。最後は、出来上がった砂時計で、「1分で何ができるかな?」と称して、みんなでジャンプをしたり、sit up(腹筋運動)をしたりして、6時間の英語生活の後のいい運動となりました。
d0033714_2293074.jpg前回と比べると、科目は異なっても一貫したテーマの中で学ぶことにより、ある一定の語彙が繰り返し使用されることとなるため、生徒さんたちの英語習得にはより効果的なのではないかという印象を受けました。

確かに6時間は長い時間でしたが、午前と午後で、授業に一貫性があったことで、意外と短く感じることができたのではないかと思います。
[PR]
by yspreschool | 2005-12-29 21:17 | イマージョンプログラム

スクールの庭先に小さなプールを出して水遊びを楽しんでいた頃が、つい先日のことのように思い出されます。でも、教室の外はもう一面の銀世界、というか吹雪です!!季節の廻るのは本当にはやいものです。

プリスクールの子どもたちには、目覚しい成長が見られた2学期間でした。とくに10月あたりから、学習と生活の両面において、急激に子どもたちの様子がすばらしくなり始めました。毎日の日誌をご覧いなっていただければ、その成長は本当に目を見張るものがあります。

d0033714_23294238.jpg学習面では、既習のアルファベットは勿論のこと、モーニングルーティーンでのすべての語彙と遣り取りの習得においては、2学期当初とは比べものにならないほどの成果が得られています。そしてクラスの一部には、文字への興味関心を持つ者や、自分の文の構築を試みる者なども現われ始めています。

また生活面においても、トレーニングパンツだった子も、普通のパンツにはき替えることができましたし、ほとんどの子が、排泄・手洗いをはじめ、食後の後片付けや歯磨きまでを、しっかりと自分一人で出来るようになってきております。d0033714_2331853.jpg

精神的な成長もあり、お友だちとの関係の中での自分という位置づけが芽生え、役割を持って集団で遊ぶ様子もよく見られるようになりました。

この子どもたちの成果を十二分に評価して、3学期は更によい方向へ導いていきたいと思います。

2学期最後の今日は、いつものようにアルファベットを復習し、歌やゲームで体を動かして過ごしました。

d0033714_2332153.jpg久々にボーリングで遊びました。ボーリングピンにクリスマスキャラクターを付けて倒すことで、語彙の定着も図ることができました。Nちゃんの反応の素早いこと!フラッシュカードのように見せられるキャラクターの名前をものすごい勢いで言っていきます。こういったあそびはNちゃんの得意分野です。

昼近くなった頃から、急に強風が吹き荒れたかと思うと、風に運ばれて雪がやってきて、見る見るうちに激しく降り出しました。d0033714_23324717.jpg保護者の方々には、ひどい天候の中お迎えにいらしていただき大変でした。そのような中でも子どもたちは相変わらず元気な声で、"See you tomorrow!"(明日からお休みなんだけどね!)と、いつも通りのご挨拶でお別れをしてくれました。

Happy Holidays !!
みなさま、素敵なクリスマス&新年をお過ごしください。今年一年大変お世話になりました。また新年に、元気なお顔で会えますように。お休み中、事故なく元気にお過ごしくださいね!
[PR]
by yspreschool | 2005-12-22 15:53 | プリスクール
あと二日で今学期終了ということで、いよいよまとめの作業に取り掛かっております。

今日も晴れてはおりますが、寒いです!!

2才のR.K.くん、今月から参加して水・金と6日間を当スクールで過ごしてきました。毎回あっさりとお母さまに別れを告げ、靴を脱がせてもらうと、トットコと教室に入ってきては自分でティッシュを取って鼻をかむ、というしっかりさんです。よくオウム返しをし、毎回必ず何かしらの言葉を拾って帰っているようです。これからもとても楽しみですね。

お姉さん方は、通常のアルファベット終了後、ソング、粘土あそび、クラフトでまったりと過ごしました。

今年のクリスマスキャラクター大賞は、"Rudolf the red nose reindeer" に決定のようです。今日もPin the face on Rudolfで盛り上がったあと、トナカイのパペットを作って遊びました。おそらく聞き慣れていなかったであろう"reindeer"という言葉も、遊びの中で繰り返すうちに、そろそろ子どもたちの頭の中に定着しつつあるのでは、と思います。

昨日も懇談後に、あるお母さまからお子さまのアルファベットの定着が目覚しいとのお言葉をいただき、非常に嬉しく思っているところです。

ここで冬休みを迎えることで、みんなの中で2学期の学習内容がうまい具合にこなれ、3学期は更に飛躍してもらいたいと思っております。


ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2005-12-21 20:31 | プリスクール

今日は今学期最後のクラス参観と第9回目の懇談会の日でした。

ずっとお休みだったA.S.ちゃんも今日は参観の時間だけご出席くださり、全員そろって人形劇ができたこと、とてもうれしく思います。

朝9時から10時の一時間でクラス参観をしていただきました。モーニングルーティーンから「3びきのこぶた」の人形劇、クリスマスソングという順でご覧になっていただきました。

モーニングルーティーンでは、Good Morning SongからHow are you?、天気、曜日、日付、そして課業の確認と、これまでの学習の成果を十二分にご覧になっていただけたように思っております。

「3びきのこぶた」も頑張りました。プレッシャーというものを感じるにはまだ少し幼いようで、子どもたちは、お母さま方の前でも実に普段どおり、出来るところはよく出来、出来ないところは相変わらず出来ず、とてもマイペースに披露してくれました。d0033714_18424213.jpg

"Me! Me!"と積極的にオオカミ役を買って出る声も多く聞かれ、非常によかったと思います。






最後、クリスマスソングは、お母さま方も先生とみんなと一緒にひとつの輪になって歌い、踊りました。子どもたちもママが一緒なので、とっても嬉しそうにtwirlingしていました!
d0033714_18433428.jpg

このあと、子どもたちはおやつ・アルファベットの復習と課業を進める中、お母さま方は隣室での懇談会へ。2学期の学習・生活を振り返るとともに、3学期の目標などについてお話させていただきました。

d0033714_1844631.jpgここで、お母さま方には再び教室へ戻っていただき、クリスマスのお菓子、X'mas Log作りを手伝っていただきました。X'mas Logは、丸太に似せた棒状のお菓子です。(詳しいレシピと作り方は12月17日のサタデースクールの日誌をご覧になってください。この日記のすぐ下↓↓↓です。)

Logは、冷凍庫で凍らせてから、スライスしてお召し上がりください。

前日からの寒波でひどい雪の中でしたが、みなさまにお越しいただき、クリスマス前のひとときを楽しくご一緒いただけたこと、心より感謝申し上げます。

Merry Christmas to all !!


ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2005-12-20 23:24 | プリスクール

9月3日にスタートしたこのサタデースクールですが、早いもので、今日で今年のクラスも終了です。

年度途中の開講にも関わらず、ご賛同下さる方々と出会い、現在では6名の生徒さんにいらっしゃっていただいていること、心より嬉しく思います。

今日は、ささやかながらクリスマスパーティーということで、お菓子作りやゲーム、クリスマスのお話などで3時間を過ごしました。

3時間は長いようで意外と短く、工作をし、お菓子作りをし、歌ったりしているうちにあっという間に時間が来て、「もうちょっと長く遊びたかったな~」という思いをおそらく全員が味わったのではないかな、と思います。

サタデースクールでは常に感じることなのですが、やはり週1日だと圧倒的に時間が足りないのです。学んで欲しい、遊んで欲しいことがいっぱいあり過ぎます。

欲張るのはよくないですから、一つ一つを丁寧に楽しむようにしていきたいです。

今日のお菓子作りは、リネット先生のご提案で、X'mas Logでした。丸太に似せた棒状のお菓子です。

d0033714_11262025.jpgd0033714_1126393.jpg







材料・作り方は以下の通り。よろしければご家庭でもお試し下さい。

<材料>
ビスケット(プレーン) 250グラム
        →個人的にシスコの「ココナッツサブレ」をお勧めします
ドライアプリコット(刻んだ状態で) 2カップ
くるみ(砕いた状態で) 1と1/2カップ
マシュマロ(細かくちぎった状態で) 2カップ
ココナッツ(細かく刻んだもの) 2カップ 
        プラス出来上がったLogの表面にまぶすためにいくらか必要
コンデンスミルク 400グラム
バニラエッセンス 適量

<作り方>
上の材料をすべてボールに入れ、混ぜ合わせる。
丸太の形に整えて(結構力が要ります。手を少し水で濡らすのがコツです)、ココナッツをまぶしたら出来上がり!

とっても甘いお菓子で、材料を混ぜ合わせると甘~い香りが漂い始め、子どもたちは「わぁ~っ!!」と歓声をあげていました。

丸太の形に整えるのは、意外と力が要る仕事です。みんな必死で捏ね回していましたが、最後は全部リネット先生が整えてくださいました。
d0033714_11271385.jpg

凍らせてから、スライスして食べます。とても甘いので、好き嫌いはあるかもしれませんね。ご家族との楽しいクリスマスの夕べに、一品添えていただけたらとても嬉しいです。

Merry Christmas !!


ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2005-12-17 20:25 | サタデースクール

3回目のプレ・プリスクールです。

先週お休みしたB.J.くん、先週ママを恋しがって泣いたH.U.くん、共にお母さまと一緒の参加でした。

先週、あそびや課業の切り替えが難しくて涙を流したR.K.くんでしたが、今週は時計(お母さまからの提案。時計が読めるわけではないが、何時だから○○しようと誘う)と、"Clean up song"で、全く問題なく切り替えができました。

ボーリングは先週に引き続き、みんなの大のお気に入りで、ひとしきり遊びました。

おやつの後は、クリスマスにちなんだクラフトを、ということで、トナカイの壁飾りを制作しました。みんなの手形をとって、トナカイの角にしました。

絵の具を手につけるのは、おそらくみんなはじめて(?)のようで、怖がってつけさせてくれませんでしたが、私が最初に「こうやるんだよ」と例を示すと、みんな興味を持ってくれたようで、次々と形を取らせてくれました。

手のひらに付いた絵の具のベタベタした感触や、水でサッと落ちてしまう不思議など、子どもたちにはよい経験だったように思います。

さすが男の子の手、小さいけど、がっちりした逞しいトナカイの角が出来上がりました。

d0033714_03908.jpgその後は、Greenの小麦粉粘土で遊びました。20分程度のあそびのあいだ、ものすごい集中力で、みんな夢中であそんでいました。    

クリスマスソングを歌ってお別れ。少し慣れてきたところで今年のクラスが終了となってしまうのはちょっと残念ですが、新年もすこーしだけ大きくなって、元気なお顔で登園してくれるかな~と、今から待ち遠しいです。

Merry Christmas and Happy New Year !


ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2005-12-16 23:31 | プレプリスクール

11月の第2週にストーリーテリングで「3びきのこぶた」を初めて導入しました。

とても有名なお話ですから、最初からみんな楽しむことができました。Y.Y.ちゃんはお家にこの絵本があるらしく、"Y.Y., this book, home!"と興奮しながら教えてくれました。

それから毎日、先生の語り聞かせが始まりました。"One more time!" と子どもたちが言う日は、二度も三度も繰り返し話して聞かせました。

そんなことを1ヶ月も続けると、次第にお話の中のセンテンスを覚え始めました。

12月に入ると、まずはオオカミのせりふ。
"I'm a big bad wolf, can I come in ?" や、
"Then I'm going to huff, I'm going to puff, and i'm going to blow your house down !" を口ずさむようになりました。
こぶたのせりふはちょっと難しいようで、
"No! Not by the hair on my chinny chin chin. I will not let you in !"
とまでは言えないのですが、
"No! chinny chin chin chin !"
などとは言えるようになり、これはこれでかわいいな、と思っています。

d0033714_0342216.jpgいよいよ来週が本番ですが、決してパーフェクトに仕上がっているとは言えません。先生の補助が必ず必要ですし、その日の気分や体調によっては、普段通りの力が発揮されない場合もあります。


かといって、まだ3・4才の年少児さんに、教え込んだり、無理やり覚えさせたりするのは、私たちの考えにはそぐわないことですから、この2ヶ月間で子どもたちが出来るようになったところまでを、あたたかくご覧になっていただけたら、と思います。


d0033714_0362283.jpgワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2005-12-15 22:05 | プリスクール

おたふく風邪でお休みしていたA.S.ちゃんが、今度はインフルエンザにかかってしまったとの知らせを受けました。

来週の火曜日は参観日で、お母さま方に「3びきのこぶた」をご披露する日ですので、頑張って治して、ぜひとも登園してほしいです。

プレ・プリスクールに通う2才のR.K.くんが、先週から毎週水曜日に2時間だけ参加しています。

先週は、プリスクールのお姉さん方も、「新しい小さい子が入って来た」と、課業に集中できない場面もありました。でも今週は、やさしくお世話をする姿や、手をつないで仲良く歌う姿などもみられました。一方R.K.くんも順調に馴れてきている様子ですので、このまま様子を見ていこうと思います。

実はサタデースクールでもそうなのですが、年中・年長対象のサタデーに、お兄ちゃんと一緒にということで年少のK.F.ちゃんを特別受け入れています。

年長の子が小さい子を抱っこして遊んでいる様子や、年少の子が年上を習ってしっかり学ぶ姿を見ていると、やはり異年齢保育もいいな、と思えてきます。実際、学ぶ英語に関しては大差ないのですから。


今日は、R is for rainbow. ということで、みんなで青空に虹を架けました。

虹の色には別段こだわらずに、子どもたちの好きなように色を使わせました。みんなそれぞれに素敵な虹です。

K.R.くんも、"Push, push" と言いながら雲に綿を付けていました。


d0033714_031503.jpgワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2005-12-14 22:45 | プリスクール
火曜日は見学会の日になっておりますので、時々お客さまがいらっしゃって、子供たちの様子を見学されたり、或いはお子様連れの方の場合、お子様がクラスに飛び入りで参加されたりします。

今は新年度スクール生募集の時期ですので、毎週火曜日は、今後も多少の人の出入りがある曜日になりそうです。

今日は3組の見学者をお受けしましたので、朝から少し落ち着かない雰囲気でおりました。

とくにNちゃんは、見知らぬお友だちとお母さま方に大興奮で、朝からかなりハイテンションです。

2学期の終了を間近に控えて、今学期を振り返りながら過ごしています。日誌での本格的な振り返りは来週を待つこととして、モーニングルーティーンの様子について、今日は書きたいと思います。

長い夏休みの後、みんながモーニングルーティーンの"How are you ?" と "How's the weather ?" に馴染んできた10月ごろ、曜日の導入を始めました。

さし絵もついてない、単色カラーの曜日のカードですが、今では子どもたちはSundayからSaturdayまでを順序良く並べることができ、今日の曜日を言うことができるようになりました。

文字のみのカードで曜日を導入するということは、子どもたちは否応なしにその時だけはアルファベットという情報以外に判別の方法を持たないことになります。すなわち、子どもたちは、必然的に頭文字のかたちを頼りに曜日を学習することとなったわけです。これは、文字への興味付けの非常に良いトレーニングとなったと思います。

12月に入り、少し変化が見られるようになりました。

Y.Y.ちゃんが始まりでした。ある朝、曜日の学習のあと、突然に "What number ?" と尋ねてきました。一瞬どういうことか躊躇していると、リネット先生は間もなくお分かりになって、"It's 6th, today."と応えられました。

なるほど。Y.Y.ちゃんは日付を尋ねていたのです。

その日以来、同じ質問が必ず出され、その都度応えるようになりました。そこで本格的に日付の導入を進めるようになりました。

まず数字を見ながら数え、その後序数で聞かせます。

中学1年生でテストに出され、「面倒くさい!」と感じることの多い「序数」ですが、4才の子どもの脳は、何の抵抗もなく受け入れます。 -thの発音も聞き逃しません。

新年も引き続き進めていきたいと思います。


ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2005-12-13 20:00 | プリスクール