プリスクール日誌から見た子供たちの成長の軌跡


by yspreschool

「燃え尽き症候群」!?-----March 16, 2006


今朝のS.K.ちゃんのお母さまの一言です。スクールはまだあと2日あるのに、S.K.ちゃんの中ではすっかり今年度が終わってしまったようで、朝からぼんやりだったそうです。

確かに。一番最後に入園してきたS.K.ちゃんでしたが、(4月の一番最初から通ってきた)お友だちのY.Y.ちゃんに追い付き追い越せで、ものすごい勢いで学んで来ました。昨日の発表会を終えて、今朝は緊張の糸が少しほどけてしまったのでしょう。

S.K.ちゃんは、教室に来てからはいつも通りで、お帰りのその瞬間まで力いっぱい楽しく過ごしていました。今日と次回22日水曜日で今年度は終了です。残された時間を思う存分楽しんでいきたいと思います。

今日は、新年度トドラークラスに入園するH.K.くんが体験参加しました。これまでは日本の保育園に通っていたということで、集団生活は大丈夫そうです。ただ、やはりお母さまとのお別れは、どんな時も悲しいものですね。朝のうちは不安定で、とてもクラスの輪に入って、モーニングルーティーンに参加できるような気分ではなく、おやつの少し前になってようやく席に着くことができて、みんなから "Good morning to you ~" と歌ってもらうことができました。

その後は順調で、クラスのみんなと一緒になってアルファベットパズルで遊ぶことができました。Singing time にも少しだけ参加することができました。歌って踊ることが決して苦手ということではなく、大人やお友だちの姿を眺めるだけで自分からは体を動かしてくることはありません。それでも本人は十分楽しんでいる様子です。発達の過程として、2才児さんにはありがちなことのように思います。

11時からは小麦粉粘土あそびです。前回はレストランでしたが、今日は八百屋のようです。リネット先生が "What's this?" と尋ねると、S.K.ちゃんは "Cucumber!" と元気よく答えていました。H.K.くんも粘土あそびは大好きなようでご機嫌です。

「Z」週から読んでいる "Good night, Gorilla" は、みんなのお気に入りで、読み終えるとすぐさま "One more time~!!" と誰からともなく声がかかります。みんなはZoo Keeper の奥さんが、「はっ」と目をさますシーンが大好きのようです。

d0033714_413357.jpg今日のお写真はランチタイム風景。これまで一度も撮ったことがないように思うので。


ワイズ プリスクール アンド キンダーガーテンのホームページはこちら
[PR]
by yspreschool | 2006-03-16 23:32 | プリスクール